商売繁盛!満員御礼!成功事例から探すPR会社大全

PR会社とは?

商売繁盛!満員御礼!成功事例から探すPR会社大全 » PR会社とは?

企業の広報業務を行うPR会社。広告代理店と同じようなイメージを持っている方もいるかもしれませんが、実はPR会社と広告代理店は似て非なるものです。さらに、PR会社は総合・専門という2つの種類に分けることが出来ます。ここでは、PR会社についての基礎情報を解説します。

PR会社について

企業そのものや製品を効果的にアピールするためのアドバイスをしたり、実際に後方業務を行ったりしているのがPR会社です。広報やPR活動のノウハウを持ち、企業の代わりにマーケティング業務やブランディング、SNSツールを活用した活動を行っています。

ちなみに、PR会社のPRは「パブリックリレーションズ(Public Relations)」の略称であり、社会と人々との信頼関係を構築することを意味します。そのため、PR会社では様々なメディアを活用し、企業と社会を結ぶコミュニケーション活動を行っているのです。

広告代理店との違いとは

また、PR会社は中長期的な活動を行う一方で、広告代理店は短期的にな結果を期待するという違いもあります。

担当部門の違い

PR会社は編集局や報道局が担当部門となりますが、広告代理店では広告局が担当となります。また、PR会社の掲載決定権はメディアにあるのに対し、広告代理店では広告主である出稿者に決定権があるのも違いの1つです。

コストの違い

総合PR会社、専門PR会社の違い

PR会社は、総合PR会社と専門PR会社に分けられます。

また、総合PR会社は企画の立案から施策の作成、実行まですべての広報活動を行うのに対し、専門PR会社はマーケティングやプレスリリースなど限定した専門的な活動を行うのも特徴です。

PR会社選びで失敗しないための注意点とは

PRを任せる会社選びには、いくつかの注意点があります。有名だから良い、無名だから悪い、ということではなく、自社に合っているか否かという視点で考えた、PR会社を選ぶ3つのポイントをご紹介しています。

PR業務を外注するメリットは?

PR業務を自社で行う場合、専門知識やスキルを有した広報担当者が必要となります。社内人材を育成するか新たな人材を採用するのは時間もコストもかかりますが、外注すれば専門知識を有する担当者がすぐに広報・PR業務を行ってくれるメリットがあります。

PR業務を内製化するメリット・デメリットは?

PR業務を内製化すると、経験が蓄積され、独自のネットワークが構築できます。活動の目的を共有しやすいでしょう。反面、人員・人件費の負担はデメリットです。ノウハウ不足の場合、効果的な活動が見込めないかもしれません。

PR会社の価格体系と契約形態

近年のPR会社の業務は、アドバイス・コンサル型や現場作業重視型、完全代行型、OCT形式など多岐にわたり、契約形態も変化しています。 契約形態に沿った価格体系には、月額定額制のリテナーや、単発の案件ごとのプロジェクト価格、タイムチャージ制などがあります。

PR会社の業務内容は?

情報社会と呼ばれる昨今において、私たちの身の回りには多くのPR会社が関わっています。ここでは、テレビやネットで目にするシーンの裏側で活躍しているようなPR会社が、一体どのような業務をしているのかについて紹介しています。

成果を期待できるPR会社の見分け方

自社の抱える課題に上手にアプローチし、PRを成功へと導いてくれるPR会社を見分ける際には、ぜひおさえておきたい6つのポイントがあります。できれば契約前にプレゼンテーションをしてもらい、それらのポイントをクリアしているかどうかを見極めておくことをおすすめします。

プレスリリース作成をPR会社に依頼するときのポイント

プレスリリースの目的を明確にすること、配信前には自社で内容をしっかりと確認することがポイントとなります。また、作成を依頼することによりプロのノウハウで広報活動ができる、自社社員の手間が削減できるメリットもあります。PR会社を選ぶときは実績を見て検討すると良いでしょう。

PR業界に多いリテナー契約とは?

近年、PRや広報の業界でも一般的な契約形態となっているリテナー契約は、スポット(単発)ではなく、月単位の契約でサービスを提供するものです。この記事では、リテナー契約のメリットやデメリットについて解説しています。

「調査リリース」についてメリット・デメリットを解説

調査リリースは、その名称の通り企業の商品やサービスに関するアンケートなどを実施して、その結果をまとめてプレスリリースとして発表することです。この記事では、調査リリースのメリットやデメリットについて解説しています。

PR活動の効果はどう測定・検証するのか?

PR活動は、広告のように明確な効果測定ができません。しかし、指標を設定し、分析することで施策の効果を把握することが可能です。指標の特徴を理解して複数指標を組み合わせれば、効果的なPR活動につなげられます。

PR担当は押さえておきたいファクトブック(シート)の基本知識

ファクトブックは企業が自社の製品やサービスについてメディア関係者に伝えるための客観的資料です。業績や推移・歴史、業界の現状などについて事実(ファクト)だけを記載し、理解を深めてもらうことで取材に繋げます。

PR担当者が知っておきたい写真や画像を利用していいか判断するポイント

画像利用することで、より効果的なPRが実現します。しかし写真・画像には権利者がいます。権利者がどこまで許諾しているのか、商用利用は可能なのかなど、写真・画像を利用してのPRの前に確認しておくべき点があります。

PR会社が行っているメディアリレーションズについて

メディアとの良好な関係を築くための活動を「メディアリレーションズ」と呼びます。メディアはさまざまなステークホルダーに対して大きな影響を与える存在であることから、PR活動においてはこのメディアリレーションズが非常に重要なポイントであるといえます。

成功事例を持つ
PR会社3選

成功事例を公開しているPR会社を調査したうえで、その成功事例をもとに編集部が各社を「大手企業」、「スタートアップ・中小企業」又は「海外進出企業」のPRに強みを持つ会社に分類し、それぞれを1社ずつご紹介します。「大手企業」と「海外進出企業」のPRに強みを持つ会社はそれぞれ複数あったため、売上高が高い企業※から選定しました。「スタートアップ・中小企業」のPRに強みを持つ会社は複数あったため、中でも安価であることを公式ページで謳っている会社をご紹介いたします。(調査時期:2021年7月)

※参考にしたランキング
広報会議:(https://mag.sendenkaigi.com/kouhou/201907/honda-global-topics/016515.php
比較biz:(https://www.biz.ne.jp/matome/2007589/

中小企業をスタートアップするPR会社_イメージ

無名の中小企業もイベントも
確かなPR力で大注目させる
PR会社

IDEATECH
(アイデアテック)

アイデアテック公式HPキャプチャ

引用元:IDEATECH(アイデアテック)公式HP(https://ideatech.jp/)

  • 上場前のスタートアップ・ベンチャー企業に特化
  • 相場の約1/3の費用※1でトータルサポートを実現
  • メディアの目に留まる秀逸なコンテンツPR
⼤⼿企業おなじみのPR会社_イメージ

名だたる大手企業が御用達!
大規模イベントが得意な
PR会社

サニーサイドアップ

サニーサイドアップ公式HPキャプチャ

引用元:サニーサイドアップ公式HP(https://www.ssu.co.jp/)

  • 大手企業を対象とした大型イベントPR・事業プロデュースが得意
  • 豊富なネットワークを活かして有名人をキャスティング
  • 街をまるごとプロデュースして地域活性化に貢献
海外進出を支援する外資系PR会社_イメージ

PR企業として世界売上第2位の実力!
海外進出を支援する外資系
PR会社

ウェーバー・
シャンドウィック

ウェーバー・シャンドウィック

引用元:ウェーバー・シャンドウィック公式HP(http://www.webershandwick.jp/)

  • 外資系企業の実力で国内企業の海外進出を支援
  • 世界81か国129拠点のネットワークを保持
  • 政府の進出や国際イベントの広報業務も行う実力

※1参照元:アイミツHP(https://imitsu.jp/cost/pr/article
※「アイミツ」サイトによると、代表的なPR施策(プレスリリースの作成・配信費/イベントの企画・運営費/メディアプロモート費/戦略立案・コンサルティング費)の相場合計が約105万円~(95万円+月額10万円~)。IDEATECH(アイデアテック)は、代表的なPR施策を月額50万円~行っています。